So-net無料ブログ作成
ブログパーツ
 
前の1件 | -

スマート・ウォッチとともに散歩4 [雑感]

今日は東側に向けて散歩。ここ数日、良いことと悪いことが交互に身に降りかかって、気持ちのバランスを保つのが難しい。それはともかく、快晴の日の昼前である、いろいろ鬱屈した気持ちが洗い流されるような気持ちになって歩き出す。

 スカイツリーを横切り、開店前の竹末東京プレミアムもあっさり通りすぎて、木下川に到着。


DSC_0048.JPG


 何て穏やかなのだろう、この川沿いは。鳥や鯉が遊んでいるのと同じようなのどかな気持ちになる。焼却場の大きな煙突の所まで川べりを散策。ハゼのような魚をご老人が釣り上げていたのを目撃。


DSC_0050.JPG


 まるでオベリスクのようだな、と見るたびに思う。ここから木根川橋に向かって歩く。途中で、朝鮮人の慰霊碑があるとかいう話を聴いたことがあったので、見つかるかなと思ったが見つからなかった。明らかな準備不足。またの機会としよう。


DSC_0051.JPG



 木根川橋を歩いてみると、改めて荒川の大きさを実感する。


DSC_0055.JPG


  夏に台風が東京を直撃したとき、きっと隅田川も危ないことになるのではないか、私の自宅も隅田川沿いだからヤバいかもと思ったものだが、何事もなかった。雨が降った後は、墨田川でも怖いぐらいの急流や濁流の川に変貌するのだが、あの時は、まるで何事もなかったかのように穏やかだった。後で知ったのだが、岩淵水門を閉めたことで氾濫を未然に防いだようだった。荒れる川だから荒川、という名称の由来は私でも知っているが、その荒れる川を鎮めるために、どれほどの護岸や治水の工事が明治以降に行われたことか、木下川近辺に半島出身者が多数いたのも、そのような工事と無縁ではないだろう。そのような幾多の人々の尽力のおかげで、今日の安全があることを思うと、平穏な風景に向けて祈りの言葉の一つも唱えたくなる。


DSC_0056.JPG



 橋を渡り終えて、どこかで食事でもしようと思ったが、四ツ木駅の近辺には適当な店が見当たりそうもなかったので、電車で帰宅することに。良い気分転換になった。

 所要時間 2時間20分。合計15069歩。距離10,8km。消費468kcal.







 
コメント(0) 
前の1件 | -